ランドセル以外で通学しても良い小学校のメリットとデメリット

ランドセルって絶対的な義務なの?違うカバンで通ってもいいの?

ランドセル,人気,2019,ブランド,比較

近年、通学カバンの自由度を上げている学校が増えていますよね。

 

以前は小学生の必需品と考えられていたランドセルですが、手提げ袋やナップサックでの通学が許されている学校もあります。

 

とはいえ、校則に従うのは原則として当然です。仮にランドセルの使用をその学校が指定しているのであれば、それに従うのが義務ということになります。

 

カバンの自由度だけで通う小学校を決める方はあまりいないかもしれませんが、余程のこだわりがある場合には事前に確認しておきましょう。

 

自由度が高い学校でも、背中に背負うタイプ限定としている学校があります。

 

その理由は、手が塞がるものだと転んだ時瞬間的に手をつけず大きなケガにつながる危険性があるからです。

 

また、雨の日などに困ることが多く、夏休みや冬休み前の荷物が増える時期にも不便にのも理由のひとつです。

 

子供たちの安全面を考慮して義務付けられていますので、きちんと守るようにしましょう。もし何か特別な事情があって他の通学カバンを使用したいときは、事前に学校へ相談しておきましょう。

 

 

ランドセル以外で通う時のメリットとデメリット

ランドセル,人気,2019,ブランド,比較

ランドセル意外を使用するメリットは、まず趣味重視でカバンを選べるということです。

 

好きなキャラクターがプリントされたカバンや、お母さんの手作りかばんなどを持たせると、子どものモチベーションアップに繋がるでしょう。

 

また、ランドセルの購入代金を抑えることができるので、家計が助かるメリットもあります。

 

ランドセルは1つ数万円しますから、それが安くなるのは大きなメリットですよね。

 

デメリットとしては、機能性の低下が挙げられます。

 

ランドセルとはもともと教科書やノートを持ち運びしやすいように作られていて、小学生が背負ったまま走り回っても耐えられる耐久性もあります。

 

これが別のカバンになると、持ち運べる内容に制限が生まれたり子どもの激しい動きに耐えられない可能性も出てきます。

 

前述のように手が塞がる機会も増えるので、安全性の面でも心配ですよね。

 

これらを踏まえた上で、もしも学校側がランドセル以外での通学を許可していたとしても、できるだけランドセルか、ランドセルに近い機能性を持ったカバンを使わせてあげた方がいいと思います。